2013年3月6日水曜日

IT業界は新しいものがすぐに出てきます。離れたからこそ伝えたいこと。

IT業界は技術が変わるスピードが早いものです。
その上、35歳定年説といわれており(いた?)、
ある程度歳をとった人間は管理系の仕事に移って行くものです。(でした?)

たまに技術者達と話しをする機会がありますが、
次はC#だ次はJAVAだ、HTMLは5でCSSは3だ!
今時COBOLだVBだと、
実際に動いている処理系の話しをする人の割合が非常に高いです。
もちろん、技術が大事なことなのは重々承知した上で、
守秘義務等もあるかと思いますが、
できることなら、
その技術で何をしているのか?
という点を一緒に話したいと常々思っています。

技術は重要ではありますが、問題解決の手段ではないからです。

例えば、Googleは新たに汎用データ圧縮ライブラリ「Zopfli」を
なんとオープンソースで公開しています。
これは、今までの圧縮アルゴリズムと互換性を保ちながら従来よりも
圧縮率が高い特徴があるとのことです。
これは確かに技術ではありますが、
ごく単純に考えると、データをより圧縮するという問題解決をしています。
ちなみにC言語で開発されているそうです。

問題解決の手段を、確かな技術をもったプロが作るからこそ、
いいものが出来上がってくるのではないかと常々思っています。
ですから、どちらか一方ではどうしても欠けてしまう部分があるのは当然ですね。

インターネットで何でも解決できます!という世の中ですが、
今は逆の立場にいます。
元々プロであったからこそ、当時の自分に自信があったからこそ、
実は、本当は何でもできるような世の中ではない点に気づくこともあり、
本当に大事なのは「人」なんだ!
と感じることも多いものです。

なんだか、長くなりそうなので一言でまとめると、
いろいろな人たちと前向きな話しがしたいものです。
私が力になれるようなことがあればぜひぜひお声がけください。





いくら予約投稿機能があるからとはいえ、毎日ブログ更新は難しいものですね!(笑)