2013年5月22日水曜日

日銀総裁、金利急上昇は容認しないと表明したそうです。買いオペも!?

日銀総裁が22日、金融政策決定会合終了後の記者会見で、
金利急上昇を容認しない考えを表明したそうです。
さらに、今後とも債券市場を注視し、必要に応じて国債の買いオペを行うと語ったと
ニュースになっています。
長期金利の指標となっている新発10年物国債の金利は高水準となっており、
長期金利低下を狙っている日銀の逆をいっています。

ところで、長期金利があがると
我々一般市民にはどういった影響があるのでしょうか?
1番話題になっているのはやはり住宅ローンですね。
フラット35を代表とした固定金利の住宅ローンは
新発10年物国債の金利がベースになっています。

ニュースなどでは、消費税増税前の住宅購入駆け込み需要に対して
水をさしてしまうと報じられています。
コレは困ってしまいますね!!

あれ?先日、4/4に金利が驚きの低さ!と記事を書いたのですが、
1ヶ月ちょっとの間に信じられないような世の中の変化があったのでしょうか?
あ、確かに株式市場などでは信じられないような変化があったような気がします。
では住宅金利については一体、高いのか?低いのか?今後どうなってしまうのか?
悩ましいところですね。
実際に4月と比べれば金利は若干上昇しています。
しかし、住宅購入に水をさすほど本当に上がっているのでしょうか?
いずれにしても、日銀総裁が今回考えを表明したことは、
一つの指標とすることができそうですね。

不安をあおるニュースを目にし、困っている方は
是非1度専門家の方に相談してみると良いと思います。
身近に専門家がいない場合、是非ご相談いただければと思います。