2013年11月18日月曜日

sitemap_gen.pyを使ってサイトマップを自動生成できるようになりました。

フレームワークなるものが流行って早数年、
未だに私はEclipseでガシガシコードを書きながら
Webサイト作成をしているわけです。

カッコ良くいうとフルスクラッチです。

それこそ、フレームワーク設計です。

しかし、生来めんどくさがりな私は、
どうしてもサイトマップという方が苦手でした。
更新の度に更新日を書き直したり、
追加があれば必死に追加したり、
もう最高にめんどくさいわけです。

自作で自動生成しようにもものすごくめんどくさそうなわけです。
できないわけではないと思いますがとにかく時間がかかりそうです。

せっかく国際化対応だのなんだの調子に乗っているので、
このままサイトマップも調子に乗りたいと思ってしまいました。
調べるとなんと、ちょうどヒットしました!

sitemap_gen.py!
これです!こんな感じのものを求めてました。
sitemap_gen.pyは、サイトマップを生成するpythonスクリプトです!
これでsitemap.xmlが出来上がればいいわけです!

pythonとかほとんどやったことないけど、まあ大丈夫です!
何しろ今回は人類の英知を味方につけています!
あかつきのお宿さんのココに全部書いてあります!!
楽勝です!ありがとうございます!
ということで細かいところは『あかつきのお宿さん』をご覧ください。

途中、出来上がったファイルの結果がちょっと不服だったので、
(何しろ、CSSファイルなども全登録してしまった。)
フィルター関係などは追加で
玄箱でGoogleサイトマップさんのココも参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

まだ、1サイトのみしかできていませんが、
あとちょっと時間をかければ、
全サイトで毎日1回綺麗なサイトマップが出来上がるようになります。
これはかなり嬉しいです。ムダな時間から解放されます!

SEOという言葉が大分廃れつつある昨今ですが、
これは世のため人のため、そしてボットさんたちのためにもかなりいいものです!
Webサイト運営をされている方は是非やってみてください!