2016年10月30日日曜日

今最新の熱いヤツ、Zcashをクラウドではなく直接マイニングしてみました

タイトルの通りですが、
10/28にローンチされGenesis Miningでハッシュレートを買えるZcashを
自分のPCでマイニングしてみました。

突然コイツ何言ってるんだ?
という方は、まずは私のWebサイトのリアル仮想通貨ファン
を読んでみてください。

さっとまとめないと忘れてしまいそうなため、
ポイントだけざっくりまとめていきます。
その後、上記のサイトに詳細を載せていければと考えてます。

まず、
nheqminer_v0.3a
をダウンロードしてきました。

マイニングソフトのお約束ですが、
ウィルス対策ソフトに引っかかることがほとんどのため、
使うソフトだけ除外設定をかけました。
※ ここはおまけです。

そして、
Zcashをマイニングするときは、
nheqminer_zcash.exe
を起動するわけですが、今までの経験からいって、
私のPCではCPUマイニングしかできません。

ちなみに、このソフトはデバイスを2つ使ってマイニングができるということですので、
1 CPU と NVIDIAかAMDの 1 GPU を使ってマイニングできると思います。
繰り返しですが私(のPC)はできません。

ということで、
起動するためのバッチファイルを作成します。
テキストエディタを開いて、
以下の1文を書きます。
nheqminer_zcash.exe -l eu -u (ここにZcashアドレスをいれてください) -t 6

これを名前を付けて保存で、
(何か分かりやすい名前).batとして
実行すれば、あら不思議!
Zcashマイニングが開始されます!

ちなみにコマンドラインオプションですが
-l ロケーションを選びます。
usa:アメリカ
eu:ヨーロッパ
jp:日本
hk:香港

上記のコマンドラインでjpを指定したところ、
そんなのありませんといわれたので、
euでマイニングしています。

次に
-u
これは既に記載の通り、
自分のZcashアドレスを入力してください。

そして、
-t スレッド数の指定です
私のPCは8コアなので
8がMAXだと思いますが、
いろいろやりながらなので少し空きが必要なため、
普段は4くらいで動かしています。

ここに書いていないオプションとしては、
-h CPU全開、GPUなし
だと思いますが試していません

試した結果、ヘルプの表示でした。
ので、以下の説明よりも細かいセッティングも可能ということがわかりました。

-cd NVIDIAのデバイスを使う時に使用
-cd 1
のように書くようです。
もちろん私の環境ではテストできていません。

-od AMDのデバイスを使う時に使用
-od 0 1
のように書くようです。
これは2つのGPUの制御のために0 1としている例だと思います。
もちろん私のかn(ry

それでは良いマイニングライフを!

いい情報だと思ったら
以下のBTCアドレスまで!!
1G67WXSkpB1MRkb5MtxD26KX1Kv8GBUDNE

0 件のコメント:

コメントを投稿